返信6
三日前の山陽新聞ニュースに、ハチの羽音とにおいで有害獣撃退 福山の養蜂業者開発、JRで実証実験中とのことでした。これが有効となれば防護柵等が不要となるのですが。 http://...
返信3
1月13日にイノシシとシカを解体しました。イノシシの方はマダニが多くて私の身体にいっぱい付着していました。下着に付いていたりしたものの写真です。次の写真は捕まえてつ...
返信1
ジビエを体験できるイベントが増えています。ジビエの普及につながることが期待されます。 "香川県東かがわ市の農産物直売所「五名(ごみょう)ふるさとの家」で2日午前10時...
返信0
鳥獣害のため、まさに生活が脅かされる状況になっています。山間部や僻地での過疎高齢化地域では獣害が深刻な場合も多く、過疎化の拍車を防ぐためにも獣害対策が重要となってい...
返信0
イノシシが小学校に出没し、ガラスを割ったというニュースです。子供に被害がなくて本当に良かったです。 イノシシによる人・物の被害のニュースがあまり珍しくなくなってきてい...
返信0
記事によると石川県では昨年一年間で約9,000頭のイノシシものイノシシを駆除。 今後も駆除を続けて生息数の半減を狙うとのことです。 "イノシシが市街地に出没したり農作物を荒...
返信0
イノシシは泳いで海を渡れるようです。離島で現在被害がない地域でも油断はできません。 "愛媛県の四国中央市沖の瀬戸内海でイノシシが泳いでいる姿を、海上保安部の巡視艇が撮...
返信0
東北では野生のイノシシが生息しないとされる場所も多いですが、最近は生息域が拡大しているようです。 電気柵などの事前の対策が被害防止のカギになりそうです。 "岩手県洋野町...
返信0
岐阜県で広がる豚コレラ問題で、一部地域ではイノシシ猟が禁止され、獣害に悩む地元住民は獣害被害の拡大を懸念しています。 "多発するイノシシの農作物被害に困る岐阜県美濃加...
返信0
数年前 自宅の庭に植えていた、山百合の球根が隣の家側から来たイノシシに食べられました。 対策を考えましたが、電気柵も金網もなかったので、別の利用目的で用意していた養生...
返信0
イノシシだけが原因ではないのでしょうが、残念なニュースです。 観光ユリ園やハス園などは、イノシシによる被害により運営の継続が困難になる例も多いようです。 "群馬県太田市...
返信0
竹藪の古くなった竹を切り、長さ1.5mに切り半分に割って竹藪の周りを囲みます。 割った面を外側に向けることで角が立ち、効果はありますが4~5年しか持ちません。
返信0
地域おこし協力隊の元隊員や現隊員の若者らで行なっている取り組みのようです。 地域おこし協力隊の中には獣害・狩猟に関心がある層も多いようですので、全国各地でこれまでには...
返信0
豚コレラは、豚やいのししが感染する病気であり、強い伝染力と高い致死率が特徴です。岐阜市で発生してから徐々に範囲が拡大しています。 "岐阜市の養豚場の豚が家畜伝染病「豚...
返信0
福岡市では先日男性がイノシシに噛まれる事故が発生したばかりです。 これだけ市街地に出てくると対策が必要となってきます。 イノシシは今回のような交通事故だけでなく、人間...
返信0
話題のドローンを使ったイノシシの対策のニュースです。 ドローンは、広範囲をカバーすることができること、飛行するため土地の状況を選ばないなどの利点があり、固定したスピー...
返信0
今までくくり罠を何個か仕掛けて置いたのですが! 中々、掛からず箱罠を設置しました。 糠を撒き中には完熟ではないですが甘柿を入れてみました。
返信0
砂防施設に落ちたイノシシが救出された一方で、数多くのイノシシが獣害対策のために捕らえられています。賛否両論の難しい問題です。 "イノシシ2頭が北九州市門司区の砂防施設...
返信0
驚きのニュースです。 山間部ではなくてもイノシシがついにここまで生息を広げているのかと思い知らされます。イノシシに襲われると命の危険もあるのでとても怖いです。 福岡市...
play_arrow
返信1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00010005-nishinpc-soci 砂防ダムに転落、イノシシの運命は… 救出求める声続出 脱出大作戦(西日本新聞) - Yahoo!ニュース北九...
投稿中