返信0
11月15日に仕掛けたくくりわなですが、17日に大きなメスジカが掛かっていました。早速、ナイフで頸動脈を刺して血抜きを行いながら落命させ3人掛かりで川まで引き、内臓...
返信0
全国に次々と処理加工施設ができています。ジビエの消費拡大につながることが期待されます。 "宮崎県内で初めての取り組みです。シカやイノシシの食肉、いわゆる「ジビエ」の消...
返信1
15日から狩猟が解禁されました。 獣害被害の深刻化、ジビエブームによって狩猟への関心も高まっています。 "兵庫県内各地で15日から狩猟が解禁された。猪肉を使ったジビエ料理で...
返信0
愛知県内の処理場で処理されたイノシシとニホンジカの肉を使ったジビエ料理が名古屋の飲食店街で食べれられるそうです。 記事中にもあるように、まだまだジビエには苦手意識があ...
返信0
イノシシが小学校に出没し、ガラスを割ったというニュースです。子供に被害がなくて本当に良かったです。 イノシシによる人・物の被害のニュースがあまり珍しくなくなってきてい...
返信0
記事によると石川県では昨年一年間で約9,000頭のイノシシものイノシシを駆除。 今後も駆除を続けて生息数の半減を狙うとのことです。 "イノシシが市街地に出没したり農作物を荒...
返信0
狩猟者の多くが60代以上の男性となっていますが、若い女性「狩りガール」が増加し、注目を浴びています。 Twitterやブログなどで狩猟の情報を発信する若い女性もいます。 獣害対...
返信0
全国的に大量のシカやイノシシが駆除される中、その有効活用が問題になっています。大半は捨てられているのです。 外食産業で採用されればジビエの普及の大きな一歩となります。...
返信0
イノシシは泳いで海を渡れるようです。離島で現在被害がない地域でも油断はできません。 "愛媛県の四国中央市沖の瀬戸内海でイノシシが泳いでいる姿を、海上保安部の巡視艇が撮...
返信0
東北では野生のイノシシが生息しないとされる場所も多いですが、最近は生息域が拡大しているようです。 電気柵などの事前の対策が被害防止のカギになりそうです。 "岩手県洋野町...
返信0
「ジビエブーム」とも言われることがありますが実際にはまだまだ認知や活用は広がっていません。 このような取り組みがジビエのさらなる活用につながることを期待します。 "四国...
返信0
岐阜県で広がる豚コレラ問題で、一部地域ではイノシシ猟が禁止され、獣害に悩む地元住民は獣害被害の拡大を懸念しています。 "多発するイノシシの農作物被害に困る岐阜県美濃加...
返信0
防護柵などの対策により一定の効果が出ています。国の統計によると、熊本、宮崎、鹿児島だけでなく、全国的に被害が減少しているようです。 ただ、記事中にあるように、被害を機...
返信2
山間部ではイノシシや鹿の肉をもらうこともありますが、安全性への理解・安全な食べ方についての周知は徹底されていません。 ジビエブームで関心が高まっている今だからこそ、よ...
返信0
数年前 自宅の庭に植えていた、山百合の球根が隣の家側から来たイノシシに食べられました。 対策を考えましたが、電気柵も金網もなかったので、別の利用目的で用意していた養生...
返信0
「罠ガール」という異色の漫画があります。 電気柵や罠を使って、シカやイノシシなどから農作物を守るため女子高生の姿を描いた漫画です。 山間部が直面する鳥獣害について分か...
返信0
鹿は極端に増えてしまうと森林の荒廃につながり、全国的な問題となっています。 鹿の駆除には罠が用いられますが、日々の見回りの負担が大きいのが課題です。 箱罠の効率化での...
返信1
群れで行動し壊滅的な被害を与えることも多い猿。一部の猿に発信機をつけることで群れの場所を把握する対策方法が効果をあげているそうです。 "福島県西会津町が対策の難しいサ...
返信0
イノシシだけが原因ではないのでしょうが、残念なニュースです。 観光ユリ園やハス園などは、イノシシによる被害により運営の継続が困難になる例も多いようです。 "群馬県太田市...
返信0
和歌山県田辺市の特産品、シカやイノシシ以上に対策が難しいようです。 "「労力が一気にパーになる。本当に腹立たしい」「命がけで守っているけれど、心が折れる」――。丹精を込...
投稿中