返信4
年末寒波で積雪1m越えました 鳥獣害Q&Aのみなさん 今年は大変お世話になりました。2019年もよろしくお願いいたします
返信1
素晴らしい地域活動です。 "サルやシカ、イノシシなどによる獣害の実態や対策を三重県名張市内で毎月発信するユニークな情報紙「猿新聞」が、12月号で通算150号を迎えた。...
返信2
雪が降り始め、早い時期からに雪囲い開始 先日全て 済ませたました 真冬には右側の囲いも7割位埋まります
返信0
沖縄ではハブや野ネズミの退治することを狙ってマングースが外来生物として輸入されました。 しかし、導入してみるとハブは夜行性でマングースは昼活動するし、 猛毒を持ったハ...
返信0
11月15日からの狩猟解禁に伴い、全国各地でその様子が報じられています。 "今年も、冬の到来を前に狩猟が解禁となり、京都府舞鶴市ではハンターが銃声を響かせています。" 詳し...
返信1
全国に次々と処理加工施設ができています。ジビエの消費拡大につながることが期待されます。 "宮崎県内で初めての取り組みです。シカやイノシシの食肉、いわゆる「ジビエ」の消...
返信1
15日から狩猟が解禁されました。 獣害被害の深刻化、ジビエブームによって狩猟への関心も高まっています。 "兵庫県内各地で15日から狩猟が解禁された。猪肉を使ったジビエ料理で...
返信0
愛知県内の処理場で処理されたイノシシとニホンジカの肉を使ったジビエ料理が名古屋の飲食店街で食べれられるそうです。 記事中にもあるように、まだまだジビエには苦手意識があ...
返信0
狩猟者の多くが60代以上の男性となっていますが、若い女性「狩りガール」が増加し、注目を浴びています。 Twitterやブログなどで狩猟の情報を発信する若い女性もいます。 獣害対...
返信0
全国的に大量のシカやイノシシが駆除される中、その有効活用が問題になっています。大半は捨てられているのです。 外食産業で採用されればジビエの普及の大きな一歩となります。...
返信0
防護柵などの対策により一定の効果が出ています。国の統計によると、熊本、宮崎、鹿児島だけでなく、全国的に被害が減少しているようです。 ただ、記事中にあるように、被害を機...
返信0
「罠ガール」という異色の漫画があります。 電気柵や罠を使って、シカやイノシシなどから農作物を守るため女子高生の姿を描いた漫画です。 山間部が直面する鳥獣害について分か...
返信2
ニュースではありませんが興味深い記事をご紹介します。 ジビエが注目されており、加工場も増えていますが、なかなかビジネスとして成り立たせるのは困難のようです。記事内で書...
返信0
県をまたいでの取り組みは全国的にも珍しいそうです。今後もこのような取り組みが広がり山林がよりよく管理されると良いですね。 "林業を成長産業にするため、国有林と民間の山...
返信0
鳥獣害が山間部から市街地に広がっており、都市部の住民を守る必要性も高まってきています。 特に、イノシシに襲われるニュースは福岡市や足利市などでも報じられています。これ...
返信0
被害金額は164億円。ただ被害は報告されないケースもあります。 また、自家消費用の差し上げものの米・野菜・果物など、そもそも市場に流通していないようなものは、換算されま...
返信0
時代が求めているようです。このような学校は今後増えていきそうですね。 "狩猟を学べて魅力的-。有害鳥獣による農作物被害に悩む君津市が今年4月に開設した連続講座「狩猟ビジ...
返信0
鳥獣害を防ぐための研究にも期待が高まっています。 "篠山の里山には、猿が数多く生息し、里地に下りてきて田畑の作物を荒らすことから獣害対策が課題になっている。 神戸大学篠...
返信0
狩猟を若者に広めようとする取り組みが広く行われています。奈良女子大学にはハンティングサークルもあるようです。 "奈良女子大学(奈良市)で29日、「狩猟のいろは」と題す...
返信0
"【佐野】閑馬町の有志で組織する「里山を守る会」(星野和雄(ほしのかずお)会長)が地区内の山の斜面で、ヤギとヒツジを使った「除草作業」を行っている。約5年前に始め、...
投稿中