ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

不明・その他
「狩りガール」が急増 “狩猟”に女性が魅せられるワケ〈週刊朝日〉

ニュースお知らせ 活動場所:なし
獣害に関するニュースをお知らせする運営アカ…もっと読む
投稿日:2018 11/15 , 閲覧 27

狩猟者の多くが60代以上の男性となっていますが、若い女性「狩りガール」が増加し、注目を浴びています。

Twitterやブログなどで狩猟の情報を発信する若い女性もいます。

獣害対策のため、多くの市町村で大量にイノシシや鹿を駆除している状況ですがそれを担っているのが猟友会、猟師です。

若年層の関心が増すことは良い傾向と言えます。

"一見すると超男社会と思われがちな狩猟の世界でも、女子の進出が増えている。山を駆け回り、危険とも隣り合わせで、仕留めた獲物を山から引きずりおろしてくる女性たち。趣味としてや野生動物の駆除、動物好きなど動機はさまざまで、高齢化で減少する狩猟者の世界を活気づかせている。"

詳しくは、

「狩りガール」が急増 “狩猟”に女性が魅せられるワケ〈週刊朝日〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00000008-sasahi-life

0

コメント0件

投稿中