ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

同じことで困っている人はたくさんおられます。質問するだけでも貢献に繋がります。

質問を投稿する

クマ
熊の天敵は人間だけなのでしょうか?他にいますか?

忠男 活動場所:和歌山県
田舎で畑をやりながら犬と暮らしてるお祖…もっと読む
投稿日:2/13 , 閲覧 5,186

ちょっと思ったのですが、熊より大きな動物はいないので、天敵といえば人間だけでしょうか?

回答 2

windy172002 活動場所:山梨県
投稿日:2/13

熊の天敵は熊自信と言われています。

他の動物に捕食されることはありません。

メスの熊は子育て中とても凶暴になります。

巣穴や子熊に近づくあらゆる生物に対して、身を挺して子熊を守ろうとし、攻撃的になります。

ヒグマはとくに共食いをすることも知られており、成獣のヒグマが幼獣のヒグマを襲って捕食してしまうことが知られています。

TY13 山野 活動場所:群馬県
投稿日:2/13

栃木県の足尾山地で長年ツキノワグマの観察をしている方のテレビ番組がありましたが、その中では2年連続で子熊が雄グマに殺されていました。それなのでやはりwindyさんの仰るようにクマの天敵はクマと言えると思います。

なぜこんなことになるかというと子熊を殺すとは母グマに発情が来て雄グマは自分の遺伝子を残せるからで、ライオンなどいくつかの動物で見られるようです。

忠男 活動場所:和歌山県
投稿日:2/14

windy172002さん、TY13 山野さん、ありがとうございます。

いくら自分の遺伝子を残したいからといって、同じ種族なのに殺してしまうんですね。。怖いものです。母熊が凶暴になるのもうなずけます。

Kissy 活動場所:熊本県
北海道や福島、長野、山梨、熊本などで田舎暮らしをしてきました。水田と畑を借りて自給用でにわか農家をしています。こちらのサイトでもっと勉強したいのと、わずかですが、自分の経験でお役に立ちたいと登録しました。よろしくお願い…もっと読む
投稿日:4/4

忠男さん、こんにちは。少し補足させていただきます。

ツキノワグマの共食いと考えられる記録が北アルプスでも記録されています。しかしそこでは単なる共食いなのか、オスの成獣による仔殺しのような子孫を残すことをめぐるものなのかはわかっていません。

クマはそれぞれの個性が強く、行動もかなり異なるので一概には言えませんが、積極的な捕食者(天敵)が居ないことら、こうした共食いにより互いに個体数が調整されているとする研究者もいます。

自然界ではありませんが、熊本県の阿蘇で飼育されていたクマが檻の中で観光客からもらったエサを争っているうちに一頭が他のクマの下敷きになり、その後共食いされたという平成26年の記録がありました。しかしこれは日本のツキノワグマ ではなく、近縁のヒマヤラツキノワグマでした。

また動物写真家の宮崎学氏は、ツキノワグマ は積極的に共食いをしているらしい、との考えを持っています。長い経験の中でクマの死骸を見たことが無いこと、また猟師が運びきれずに置いていった大きなクマが翌日にはちょうど脂ののった上手いところを中心にきれいに食べられていて、他のクマの仕業と考えられることなどからです。

クマが植物食を主にしていながら、死骸でも動物質を食べる機会があれば必ず利用するほど肉の好きな動物なのは知られているので、仔殺し以外にも共食いをする可能性もその鋭い爪や強い力からすれば、推測ですが、あり得るでしょう。

そうなるとやはり人間以外のクマの天敵はクマ自身ということにもなります。

https://www.env.go.jp/nature/nats/report/nasu/nasu04.pdf

(P83、環境省)

http://tukinowaguma.net/archives/298

(ツキノワグマ事件簿、宮崎学氏)

0

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中