ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

同じことで困っている人はたくさんおられます。質問するだけでも貢献に繋がります。

質問を投稿する

シカ
シカ対策のモバイルカリングとはどのようなものですか?

運営FAQ 活動場所:東京都
基礎的なことはなかなか質問しにくいと思いますので、運営がよくある質問をFAQ形式で提供します。もちろん、運営以外の方の回答も…もっと読む
投稿日:2019 12/24 , 閲覧 102

シャープシューティングとどう違いますか?

0

回答 1

鳥獣害Q&A運営 活動場所:京都府
鳥獣害Q&A…もっと読む
投稿日:2019 12/24

モバイルカリングは、シカの個体数調節のための計画的な管理捕獲として、山間部の林道などで行われる銃器による狩猟方法の一つです。

実施の1〜2週間前から道路近くの誘引場にエサを撒いておびき寄せ、停止した自動車内外から狙撃します。そこの捕獲が終われば、次の誘引場所へ自動車で移動して捕獲するため、捕獲効率も上がります。

獲り逃しによる警戒心の高い個体を増やさないよう、エサ場に少数いるときに捕獲し、多くいる場合は捕獲せず、群れ全体を捕獲することもありません。

通常の狩猟や有害駆除が継続されている地域でシカの警戒心が高くなっている場合に捕獲率も上がり効果的な方法です。

シャープシューティングでもエサで誘引しますが、狩猟者がブラインドに身を隠して群れに警戒心を抱かせずに、ライフル銃で群れ全体を仕留めるため、高度な技術が必要です。

野生動物の捕獲許可の他に、公道上の発砲や車両での銃の使用等に法律の制限があり、実施には関係省庁の許可が必要です。そのため、道路を通行止にし、発砲時も車を停止してエンジンも止め、周囲の安全を十分に確認して行われています。

実施には、多くの人々の協力が必要で、個人が行うことには適しません。


参考

モバイルカリングの手引き、H26年:地方独立行政法人北海道立総合研究機構

http://www.hro.or.jp/list/forest/research/fri/hogo/pdfs/mc2014.pdf

モバイルカリング(エゾシカの効率的な捕獲手法)の試行、H24:林野庁

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/kikaku/pdf/24happyou_s_12.pdf

森林鳥獣被害対策技術高度化実証事業、p24〜27:林野庁

http://www.rinya.maff.go.jp/j/hogo/higai/pdf/h26koudokahoukokusyokincyuu.pdf

モバイルカリング実施マニュアル、H24:北海道他

https://www.hro.or.jp/list/forest/research/fri/hogo/pdfs/Manual_MCver23.0all.pdf

0
運営FAQ 活動場所:東京都
投稿日:2019 12/24

このFAQにコメントがあればお願いします

投稿中