ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

同じことで困っている人はたくさんおられます。質問するだけでも貢献に繋がります。

質問を投稿する

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

アライグマ
アライグマなどの外来動物を発見した時はどうしたらいいのでしょうか?

運営FAQ 活動場所:東京都
基礎的なことはなかなか質問しにくいと思いますので、運営がよくある質問をFAQ形式で提供します。もちろん、運営以外の方の回答も…もっと読む
投稿日:2019 11/17 , 閲覧 649

アライグマなどの外来動物を畑を家で見つけた時はどうすれば良いのでしょうか?

0

回答 1

鳥獣害Q&A運営 活動場所:京都府
鳥獣害Q&A…もっと読む
投稿日:2019 11/17

外来動物のうち、特定外来生物として指定されているものは、防除を推進しているため、見つけたら市役所などに報告します。

外来動物でも特に農林水産業や人や家屋、在来生態系に被害をもたらす動物を「特定外来生物」として防除を推進しています。

そのため輸入・飼育・野外への放出が原則として禁止され、自分で捕まえたとしても、生きたままの運搬は法律違反になります。その場でなるべく苦痛を与えない方法で殺処分する必要があります。

国や自治体で防除を進めていますので、早期発見と早期防除に役立てるよう報告します。この初期消火のような対策が重要で、対応が遅れるほどその動物は増えていき、対策での人手も費用も膨大なものなります。

特定外来生物148種のうち農業被害、人や家屋への被害に関わる主な哺乳類は以下の通りです。

アライグマ、カニクイアライグマ、日本在来種以外のシカ全種、ダマシカ全種、キョン、ヌートリア、タイワンリス、フィンレイソンリス、フクロギツネ、ハリネズミ全種、タイワンザル、カニクイザル、アカゲザル、タイリクモモンガ、トウブハイイロリス、マスクラット、アメリカミンク、フイリマングース、ジャワマングース、シママングース


参考

日本の外来種対策、環境省

https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/outline.html

特定外来生物Q&A、環境省

https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/qa.html

外来種の取り扱いQ&A、環境省

https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/files/boujyo.pdf

特定外来生物の防除の確認を受けている自治体リストと防除内容、環境省

https://www.env.go.jp/nature/intro/3control/kakunin.html

0
運営FAQ 活動場所:東京都
投稿日:2019 11/17

このFAQにコメントがあればお願いします。

投稿中