ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

シカ
ニホンジカ増加 捕獲効率化へ「日本初の方法」実験 みなかみ・赤谷の森

ニュースお知らせ 活動場所:なし
獣害に関するニュースをお知らせする運営アカ…もっと読む
投稿日:2018 11/9 , 閲覧 19

鹿は極端に増えてしまうと森林の荒廃につながり、全国的な問題となっています。

鹿の駆除には罠が用いられますが、日々の見回りの負担が大きいのが課題です。

箱罠の効率化での課題解決に期待です。

"ニホンジカの増加による森林の荒廃を防ごうと、日本自然保護協会(東京都)が群馬県みなかみ町の国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)で捕獲実験を始めた。わなにセンサーを取り付け、シカがかかると情報が管理者に伝わる仕組み。わなの様子を見回る必要がなく、効率的にシカを捕獲できる。個体数管理の効果を確かめ、野生動物とバランス良く共存するための新技術として全国への普及を目指す。"

詳しくは、

ニホンジカ増加 捕獲効率化へ「日本初の方法」実験 みなかみ・赤谷の森

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/90640

0

コメント0件

投稿中