返信1
ジビエを体験できるイベントが増えています。ジビエの普及につながることが期待されます。 "香川県東かがわ市の農産物直売所「五名(ごみょう)ふるさとの家」で2日午前10時...
返信1
素晴らしい地域活動です。 "サルやシカ、イノシシなどによる獣害の実態や対策を三重県名張市内で毎月発信するユニークな情報紙「猿新聞」が、12月号で通算150号を迎えた。...
返信2
雪が降り始め、早い時期からに雪囲い開始 先日全て 済ませたました 真冬には右側の囲いも7割位埋まります
返信0
沖縄ではハブや野ネズミの退治することを狙ってマングースが外来生物として輸入されました。 しかし、導入してみるとハブは夜行性でマングースは昼活動するし、 猛毒を持ったハ...
返信0
鳥獣害のため、まさに生活が脅かされる状況になっています。山間部や僻地での過疎高齢化地域では獣害が深刻な場合も多く、過疎化の拍車を防ぐためにも獣害対策が重要となってい...
返信0
11月15日からの狩猟解禁に伴い、全国各地でその様子が報じられています。 "今年も、冬の到来を前に狩猟が解禁となり、京都府舞鶴市ではハンターが銃声を響かせています。" 詳し...
返信0
山間部、田園地域では多くの人が趣味の野菜・果樹栽培を楽しんでいます。 しかし、趣味で栽培している農作物の鳥獣被害は補償がない場合がほとんどです。被害額としても集計され...
返信0
11月15日に仕掛けたくくりわなですが、17日に大きなメスジカが掛かっていました。早速、ナイフで頸動脈を刺して血抜きを行いながら落命させ3人掛かりで川まで引き、内臓...
返信1
全国に次々と処理加工施設ができています。ジビエの消費拡大につながることが期待されます。 "宮崎県内で初めての取り組みです。シカやイノシシの食肉、いわゆる「ジビエ」の消...
返信1
15日から狩猟が解禁されました。 獣害被害の深刻化、ジビエブームによって狩猟への関心も高まっています。 "兵庫県内各地で15日から狩猟が解禁された。猪肉を使ったジビエ料理で...
返信0
愛知県内の処理場で処理されたイノシシとニホンジカの肉を使ったジビエ料理が名古屋の飲食店街で食べれられるそうです。 記事中にもあるように、まだまだジビエには苦手意識があ...
返信0
イノシシが小学校に出没し、ガラスを割ったというニュースです。子供に被害がなくて本当に良かったです。 イノシシによる人・物の被害のニュースがあまり珍しくなくなってきてい...
返信0
記事によると石川県では昨年一年間で約9,000頭のイノシシものイノシシを駆除。 今後も駆除を続けて生息数の半減を狙うとのことです。 "イノシシが市街地に出没したり農作物を荒...
返信0
狩猟者の多くが60代以上の男性となっていますが、若い女性「狩りガール」が増加し、注目を浴びています。 Twitterやブログなどで狩猟の情報を発信する若い女性もいます。 獣害対...
返信0
全国的に大量のシカやイノシシが駆除される中、その有効活用が問題になっています。大半は捨てられているのです。 外食産業で採用されればジビエの普及の大きな一歩となります。...
返信0
イノシシは泳いで海を渡れるようです。離島で現在被害がない地域でも油断はできません。 "愛媛県の四国中央市沖の瀬戸内海でイノシシが泳いでいる姿を、海上保安部の巡視艇が撮...
返信0
東北では野生のイノシシが生息しないとされる場所も多いですが、最近は生息域が拡大しているようです。 電気柵などの事前の対策が被害防止のカギになりそうです。 "岩手県洋野町...
返信0
「ジビエブーム」とも言われることがありますが実際にはまだまだ認知や活用は広がっていません。 このような取り組みがジビエのさらなる活用につながることを期待します。 "四国...
返信0
岐阜県で広がる豚コレラ問題で、一部地域ではイノシシ猟が禁止され、獣害に悩む地元住民は獣害被害の拡大を懸念しています。 "多発するイノシシの農作物被害に困る岐阜県美濃加...
返信0
防護柵などの対策により一定の効果が出ています。国の統計によると、熊本、宮崎、鹿児島だけでなく、全国的に被害が減少しているようです。 ただ、記事中にあるように、被害を機...
投稿中